【日本100名城】松江城の魅力を紹介!観光スポットであり松江のシンボルである理由とは?

さて、島根県にある日本100名城の「松江城」に行ってきました!なかなか山陰地方を訪れることはないのですが、何の因果かここ松江には数回訪れています。島根は出雲大社があることからも分かるように、この日本の「根の国」であり、「スサノオ」「ヤマタノオロチ」伝説などかなりの歴史を持っています。

そんな訪れる度に良い味を出す島根なのですが、その中でも「松江城」は島根にとって欠かすことの出来ない存在のため、その魅力を十二分にご紹介します。




松江城の基本情報から


まずは、基本情報からおさえましょう。松江城が築城されたのは1611年です。この1611年というのが何気ないポイントとなるのですが、この1611年は大阪の陣の4年前ですよね?つまり、戦国時代の超絶末期です。となると、このサイトでも何度も書いておりますが、戦国末期から江戸時代へのシフトの時期というのは、戦争中心の「山城」から、政治・経済中心の「平城」へシフトしていく時期なんです。そして、この松江城も例外ではありませんでした。順を追って説明します。

matsu2

堀尾忠氏の父、堀尾吉晴

松江城の初代城主は「堀尾忠氏」といい、関ヶ原の戦いの功によって父と共に、この地を与えられました。つまり、「松江藩主」です。この地方には毛利氏の時代から「月山富田城」があり、堀尾忠氏も最初は月山富田城に入城しましたが、先述の通り時代は政治・経済の時代へとシフトしていたため、「バリバリの戦闘用山城である月山富田城」は時代に合致していませんでした。

 

そこで、「宍道湖(シジミで有名ですよね)」「中海」を結ぶ「太田川」の近くでもあり(水上交通の利便)、松江が一望できる「亀田山」に松江城を築城したわけです。「亀田山というと、山城じゃんか!」と思うかもしれませんが、どちらかというと「高台」に近い立地なので、紛れも無く平城です。

 

その後、堀尾家は跡継ぎが無く、松江城は「京極家」が継ぐこととなります。しかし、その京極家も跡継ぎが続かず、最終的に「松平家」が継ぐこととなり、幕末までいたります。つまり、将軍家ですね。これが、簡単な松江城の歴史となります。

 

魅力その1:現存12天守の1つであること


松江城の基本情報の次は松江城の魅力に入ります!松江城の第1の魅力といえば、なんといっても「現存天守」でしょう!!「現存天守」とは「日本の城の天守のうち、江戸時代またはそれ以前に建設され、現代まで保存されている天守のこと」を言います。現在の日本にはたった「12天守」しか現存天守は存在しておらず、他の天守は全て「復元天守」「模擬天守」となるんですよ。

<現存12天守>

弘前城 /松本城 / 丸岡城 / 犬山城 / 彦根城 / 姫路城 / 松江城 / 備中松山城 / 丸亀城 / 松山城 / 宇和島城 / 高知城

 

また、天守は「国宝」に指定されており、国宝に指定されている天守は現存天守よりも少なく、たった5天守しかありません。

<国宝5天守>

松江城/犬山城/松本城/彦根城/姫路城

 

つまり、「現存12天守であり、国宝でもある天守は、松江城・松本城・彦根城・姫路城・犬山城の5天守しかないんです!」そんな、めちゃくちゃ貴重な松江城天守がこちらになります。どどんっ!!!

matsu5

国宝天守

いや~はっきりいってめちゃくちゃ荘厳ですよ。黒塗りも立派ですし、昔ながらの細かい石垣なんて最高以外の何物でもありません。保存状態もめちゃくちゃ良いです。これは、松江城を見るためだけにでも島根に訪れる価値有りです。それくらい、良い城です。

 

matsu4

二の丸石垣

いかにも「復元しました!」という綺麗に石垣が並んでいる城もありますが、松江城は違います。石と石の間に細かい石がつめられており、「石垣感」がとてつもないですよ。




魅力その2:今も昔も、松江の中心地


城というのは、とてもよくできています。何かよく出来ているかというと、「立地」です。昔の人はgoogle mapも無いのに、本当に地理の達人です。だいたい現在の城の周りには、その都市の中核を担う都道府県庁や行政の施設が建っています。もちろん、松江城も例外ではなく、松江城もまわりには「松江県庁」や「松江県民会館」、「松江地方裁判所」が立っています。周りには、「小泉八雲記念館」「武家屋敷」等、観光名所もたっぷりです。

matsu1

今でも松江の中心は松江城

そして、この「亀田山」という高台に建てられている松江城からみる松江の眺望はとてつもなく素晴らしいものです。角度を変えれば宍道湖も見えますよ。また、春には桜の名所としてもとても賑わいます。

matsu6

松江城からの素晴らしき眺望

宍道湖はシジミ、さらに近くの境港からの魚介と、海の幸満載の松江は海鮮天国でもあります。もちろん、私が滞在中はその海の幸を満喫したことは言うまでもありません。松江に訪れたことの無い人は、是非松江を満喫してみてください。本当に素晴らしいですよ。




にほんブログ村 歴史ブログへ

You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。